MENU

◎自己紹介
 小さいころから友達は結構いました。ただ、小中高と一回も彼女がいた事はなかったです。中、高校と進学校だったこともあり、ただガムシャラに勉強に明け暮れていました。たまに友達に誘われてアイドルの握手会やコンサートに友達と参加したりしながら普通に学生生活を過ごしてきたと思います。本命の大学に落ちたものの第2希望の大学に入学し、ここで初めて髪の毛を茶髪に染めたり、親しい女性の友達が出来るようになりました。お酒の力も借りて何とか人生初めての彼女を作る事に成功し、脱童貞になるものの、もちろん彼女は容姿的にも性格的にもタイプでもなかったのですぐに破局むかえました。・・・というか、彼女との付き合いで、何をどうしたら良いのか、付き合い方がわからず振られたというのが真実だと思います。それ以来、なんとなく女性が苦手というか、若干女性恐怖症になり、のこりの大学生活をバイトと授業と男友達と遊ぶくらいで終了しました。就職先は某メーカーの会社に勤務するも、女性がほとんどおらず、女性との関わり合いが全くないまま、そのまま時間が3年ほど経過し、現在に至る感じです。

 

〇そんな自分が素敵な彼女と付き合えるにはちょっとしたテクニックの積み重ねでした。以下に、自分が気を付けていったポイントをご紹介します。

 

容姿編

自分の容姿がいいなんて思っていません。まぁ、ブサメンに分類されると自覚しています。なので、あれこれ身に着けてごまかしながら雰囲気でイケメンを目指すような、無駄なことはやめて、清潔にして身だしなみに気を付ける正攻法にしました。よっぽどイケメンじゃない限り、シンプルに清潔感を意識するだけで女性の印象は変わってきます。

口周り

面倒だから髭のままという人も、男らしさを演出するために、わざと髭を生やしている人もいると思います。しかし、女性から見ると、どうでしょうか。親しみやすいとか、距離を縮めたいと思うでしょうか。男性から見れば、髭にあまり嫌悪感を抱くことはなく、カッコイイと思うこともあるくらですが、女性は最悪の場合、生理的に受け付けない、といったこともあるようです。女性は普段から無駄毛の処理に気を遣っています。だからこそ、男性の無駄毛にも目が行くし、無精髭はだらし無く、清潔感なく感じ、嫌悪感を持つのかもしれません。女性に好意的な印象を、と思うなら、ヒゲはキレイに処理しておくべきでしょう。
例外と言いますか、最近三代目J Soul Brothersのおかげ?もあってヒゲへの印象が近年良く見られている傾向もあります。ただし、自分に似合うか美容院や友達などに聞いてリスクの少ないように冷静に判断することをおすすめします。また、おしゃれな髭ならまだしも、剃り残し、無精ひげ、それに口呼吸で、口が開いていると、だらしなくみえ、清潔感もなく、恐ろしくマイナスの印象です。口周りは見られています。特に清潔にしておきましょう。

髪型

 ボサボサ頭やあまり特徴的な髪型は問題外です。清潔感ある髪型にすることが大切なので、長いよりは短髪が良いでしょう。整えやすいですし、失敗も少ないでしょう。また、汗をかいてべたついている髪の毛は清潔感に欠けます。タオルなどを持ち歩く等、今自分がどう見えているかを意識することが大切です。自分の雰囲気にあった清潔感があるヘアスタイルをしている人は、素敵に見えます。自分でわからないと思ったら、美容師さんに相談してみて、簡単にできるイメチェンなので是非試してほしいです。ちなみに、自分は友達に聞いて、自分史上一番いい感じという短髪の髪形をしています。面倒だからと伸ばし過ぎないように気を付けています。

顔周り

 眉毛はしっかりと整えるべきです。意外と眉毛の形を整えるだけでも印象が変わるものです。どうやったら良いかわからない場合は美容院で髪を切るついでに、眉毛カットもあるので実際にやってもらいながらどうやるのかを教わるとよいでしょう。また、メガネ男子が流行って久しいですが、メガネが似合っているかも友達や家族などの冷静な意見を聞きましょう。コンタクトに変えると世界が変わるかもしれません。また、メガネもシンプルで上品なものやおしゃれなもの、いろいろあるので信頼できる友達と買いに行っても良いかもしれません。印象が全く違うでしょう。ちなみに、自分はコンタクトに変えました。メガネは丸顔なのでどうしてもオヤジっぽくなるか、芸人っぽくなってしまったので、コンタクトにしてよかったと思います。

服装と靴

 とにかくコーディネートがわからない場合はスーツにすべし、です。スーツはダサ男でもカッコ良く見える最高の服装でありますが、もちろん土日にスーツだとおかしいのでその際はジャケパンスタイルにするとよいでしょう。最も大切なことは、その服が自分にあっているかどうか、です。サイズはもちろんですし、その服のテイスト、あなたに似合っているでしょうか。流行を追うばかりでは、逆に痛々しいファッションになりがちです。流行を意識する必要はありますが、意識しすぎはマイナスです。そして、どんなファッションでも一番大切なのは清潔感です。少しくらい汚れていても大丈夫なのは、男友達と会うときにしてください。汚れているものはダメです。そして、もう一つ大切なのが服のしわです。いくらにあっていても、メンテナンスのできていない服はだらしない印象で清潔感がなく、見えてしまいます。自分に似合うスタイルを見つけて、服装も楽しめると、この後女の子と付き合うときに話題や一緒に買い物するにも楽しめます。似合う服を見つけるにも、信頼できる友人がいるとベストですが、お店の人に聞くのも、マネキンのスタイルをそのまま買うのもアリです。そして、侮っていけないのが靴です。女子は靴が好きな人が多いです。彼女たちは男性の靴も見ています。非常に重要です。せっかく素敵な服を着て、身だしなみもばっちりでも靴がイマイチでは話が進みません。その靴は、服と合っていますか、汚れていませんか、中敷きがはがれていたり、靴底がすりへったりしていませんか。もう一つ、靴で大切なのが場面にあっているかどうかです。「靴で外してみました」と言って、服とはずした靴を履いている人がいますが、難易度が高いです。それに、ジュアルな場面では良いですが、フォーマルの場面でしていたら、彼女など、同伴者にも恥をかかすほど痛いことです。無難で清潔感がある靴をお勧めします。また、お気に入りがあるからそれさえ履けば大丈夫と思っている方は要注意です。シーンにあわせて使えるように、何足かキープしましょう。いつもその靴、ではあなたの印象を下げてしまいます。

 

性格編

女性と話す機会がないと、何を話してよいか、どう接したらよいか、わからないですよね。ここでは、女性と接するうえでのポイントをまとめました。大切なことはこびないこと、自然体でいること、余裕を持つことです。普通に男友達といるときのように、自然に、それにプラスアルファで次のポイントを意識してみてください。会話が弾むと思いますよ。

女性の見た目などを褒める

 髪型でも良いし、ネイルでも良い、何か良いな、と気づいたことを誉めてあげてください。ただしあまりたくさん何でもかんでも褒めるとウソっぽくなるので、注意が必要です。褒めることは相手の心を開く効果があります。私を理解してくれる、と彼女は感じ、喜ぶのです。ポイントは「誰も気づかないところを褒める」ことです。彼女はそんな「細かいところまでわたしを見てくれている」と、好印象を持ちます。他の人が気付かないようなところを褒めれば、それだけあなたはほかの人とは違う存在になり、意識されるでしょう。シンプルな褒め言葉もいいですが、「足首が細いね」など具体的に褒めるほうが、効果があります。また、飴と鞭を使い分けることも女性との関係を優位にするポイントになります。つまり、ちょっと落としてから、ほめてあげるのです。ちょっと落とすのは難易度が高いので友達で練習してからにしてください。イメージとしては、「最初は堅い感じで 真面目で取っ付きにくい人だと思ったけど、話すと可愛いし愛嬌があるよね」とか、「すごく元気な印象で、正直ちょっと落ち着きないタイプと思ってたけど、実はしっかりしてるし、真面目なんだね」のような感じで使ってみてください。容姿を褒める際にも使えますが、落とす部分を軽くすることをおすすめします。「背が高いから大きい人だなって第一印象だったけど、手首とか足とか華奢で綺麗だね」ぐらいだと無難です。

 

女性を気遣う

一緒にいる時に、「寒くない?」「疲れていない?」と気づかいをすることも好印象です。常に自分を気にかけてくれていること、気づいてくれることの優しさを女性はうれしく思います。

 

聞き上手になれ

自分をアピールするために、武勇伝など話が好きな男性も多いと思います。しかし、よっぽどの武勇伝でない限り、女性はその話に興味を持つことはないでしょう。女性は話すことが好きです。聞いてほしいと思っているのです。何か困っていれば、「どうしたの?」と聞いてあげて、あとは彼女に話をさせましょう。正論や解決は、よっぽど彼女から求められない限り必要ありません。大変だったね、すごいね、と共感し、受け止めてあげる姿勢を見せることこそ、一番のポイントです。相槌に困ったら、オウム返しでよいです。彼女の心の寄り添う気持ちが大切です。

 

実践編

 メール

敬語と頻度と絵文字、スタンプ

メールの頻度は、よほど構ってほしいタイプ、束縛するタイプの女性でなければ、 日に3回程度で十分です。 量よりも質が大切です。モテない男性がやりがちなことは メールが来たら嬉しくて即返信してしまうことです。何十通もラリーをしたがるのは、幼いというか、まるで中学生のお付き合いです。大人の女性ならば、連続でメールやラインが送られてくると、面倒くさい男だと思う可能性があります。 デートの約束をする時や相談事など明確な用事がある時だけ連絡を取り合う方が良いでしょう。よほど深い付き合いでない限り、お互いにとって都合のいい関係、会いたい時に会えるような気軽な間柄を求めているのは男も女も同じではないでしょうか。メールする際は、こちらからの要件ならば、短い文章量に、彼女からのメッセージに返信するならば、同じくらいの文章量を意識しましょう。絵文字やスタンプは少なめにしましょう。あまりたくさんあると幼い印象ですし、全くないとつまらないです。
真面目な男性は敬語でメールし続けてしまうことがあります。 しかし、堅苦しくて礼儀正しすぎる人のままでは、恋愛対象になりにくいです。 女性は従順に仕えるのが好きな人のほうが多いので、上手に支配してくれる男性、尊敬できる男性に惹かれます。腰が低い男、媚びる男は魅力的には映りません。適度なタメ口、他愛もない会話もあなたの価値を高めます。

 

 

既読スルー宣言

これはラインだけにできることですが、お互いに重たくないやり取りをするために最初にこのように返事が遅くなる、既読したまま返事ができないことがあることを話しておくと、「無視してる!」などと余計なストレスから解放されて連絡しやすくなります。不安過ぎても、安心させすぎても不満を感じてしまうのが男女の恋愛です。それに、「既読スルーもありえるよ」という共通認識があれば、それだけでお互いの信頼感が増します。 そして女性としても返信に慌てることなく、自然なペースでメッセージのラリーができ、、居心地の良い関係になりやすいです。

爽やかに、でも意思表示はハッキリ

目指すのタイプは「ロールキャベツ系男子」です。パッと見た感じは草食系のように紳士なのに、 二人きりの飲みなどでは肉食系の本性を現すと言ったタイプです。 強気でありながら紳士的にエスコートすることが求められます。女性は強引さ、男にグイグイ引っ張られることに憧れている人が多いです。雑談や適当な絡みで曖昧にせず、直球で好意を伝えて、デートに誘うなりすべきです。積極的なガッツク男性は女性から見れば好印象です。どんなにメールやラインで盛り上がっても、一度のデートでボディタッチやキスをした事実にはかないません。メールなら送信するだけで誘えます。好きな人がいるなら、誘いましょう。

 

デート

気遣うが、媚びない。彼女の心を揺さぶろう。

食事の店を決める時に、女性に「どこでもいいよ、決めていいよ」まかせてしまっていませんか。女性の意見を取り入れる必要はありますが、決めさせるのは間違いです。決定権を相手に委ねるのではなく、あなたがリードしましょう。デートの内容すら、決めることができない男性に魅力を感じません。それに、女性にあまりにお伺いを立てているとこびていることにもなりかねません。女性に媚びるということは、あなたの価値をさげる行為です。なかなか手に入らないから欲しいのです。あなたの価値を下げてはいけません。つまり、女性を気遣うことは必要でも、媚びる必要はないのです。一日デートができるなら、途中で女性に思わせぶりな発言をして、彼女の頭をあなたのことでいっぱいにしましょう。彼女がよく笑う子なら、「俺、よく笑う子が好きなんだ。」とか、背の低い彼女なら「背が低い子が好きなんだよね。」と、思わせぶりな発言をしてください。彼女に「彼は私のこと好きなのかな。」と考えさせる事が目的です。
また、食事は、個室がいいでしょう。周りが気になると会話が集中できないですし、周りの目も気になります。個室で予約しておくとベストでしょう。また部屋は薄暗い感じのオシャレな場所を選ぶことも女心をつかむには必要です。チェーン居酒屋などはやめましょう。ゆっくり食事しながら、彼女の話を聞いてあげましょう。

 

 

精神面

失敗を恐れるな

  どんなにモテる男も最初は失敗から学んでいるのです。誰も最初から成功している人はいないので、女性に一回「ごめんなさい」と言われたからと落ち込んでいては、キリがありません。可愛い彼女を作るためには、どんどん積極的に行動をあるのみです。もちろん、そうはいっても落ち込みますよね、そこで、気持ちの持ち方を変えましょう。例えば、デートに誘うとき、「断られたらどうしよう」と思い行動に移すことが難しいですよね。そこで、ゴールを「デートすること」でなく、「あの子をデートに誘うこと」にするのです。断られても、「デートに誘った俺」は目的達成です。デートに行ければ最高ですが、断られても、誘えた自分を褒めてあげてください。断ったその女が残念なのです。ちなみに、豊臣秀吉は、自分が失敗しても、自分を責めなかったそうです。おそらく、自信を失う事が、次の行動を鈍らせ遅らせる原因になり、人生を無駄にすることだと知っていたのでしょう。

とにかく場数

  恋愛に関しては、とにかくいろんな女性と触れ合う事で成長できます。女性はこうしたら喜ぶ、こうしたら嫌なんだな、というのがわかってくると思います。経験が一番です。いい意味で女慣れすべきです。成功に必要なのは、小さな経験の積み重ねです。そのためには、女性と接する、実践が必要不可欠なのです。話すことが苦手なら、まず美容室で女性の美容師に切ってもらい、会話をする練習をしても良いですし、服を買うときに女性の店員さんと話しながらコーディネートしてもらっても良いです。とにかく女性と話すこと、そして、たくさんの女性と出会い、恋愛すべきです。

 

職場や合コンなどの出会いがない自分がどうやって彼女を作ったか?

結論から言うとネットの力を借りました。そう、いわゆる出会い系サイトです。いろいろ偏見もあると思うけれど、真面目に出会いを探している人も多く、ゼクシィやイオンなど大手企業がやっているものもあるので、いくつか探して自分に合うサイトを見つければ、やりやすいと思います。あまり気を負わずに、暇つぶし感覚でも、良い出会いに恵まれると思います。特に、結婚に繋がる出会いが欲しいような場合は、婚活サイトを使ってみることをおすすめします。20代後半から30代の男女は結婚したい気持ちで出会いを探す人が多いので、結婚を考えているけど出会いがないという人には特におすすめの出会い方だと思います。知り合うのがネットになるだけで、基本的には普通の恋愛と同じように、付き合う前に何度かデートをしますし、お互いに好意があったら結婚を前提に付き合ってみて、さらに結婚したいという気持ちがお互いに高まったらプロポーズ、となる感じです。サイトによるかと思いますが、透明性の高いもので、安心して恋活できるものもあります。結婚相談所と違って、高い入会金や成婚料がかからないのも気軽でよいと思います。

このページの先頭へ